お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

放送作家の仕事内容は?お笑い養成所で学べることとは?

放送作家になりたいと考えたとき、どんな方法でその道に近づけば良いのかは、なかなか分からないものです。そこでここでは、放送作家の仕事の内容も見ていきながら、実際に仕事に就くためのルートについて探っていきたいと思います。

放送作家の仕事内容や求められる能力は

放送作家の仕事というのは、テレビやラジオ番組の構成を練るのが主なもので、活躍の場はバラエティーにとどまらず、ドキュメンタリーや音楽番組などさまざまなものがあります。

最近では、BSやCSなどチャンネル数も増え、インターネット配信の番組もあることから、この仕事への需要は増加傾向にあると言えるでしょう。どんな番組でも制作する際、企画会議は必ずおこないます。

その中で「ターゲットとする視聴者層の性別や年齢」「予算」「内容」などについて意見を出し合いながら詰めていきますが、そこでプロデューサーやディレクターと共に企画・アイデアを考え出し、それらを企画書にまとめていくのがこの仕事の流れです。

また、企画書を仕上げるだけでなく番組の「台本」を書くのも仕事内容の一つであり、企画の大枠ができたあたりで台本書きがスタートし、番組全体の構成・出演者のセリフ、シーン・ナレーションなど含め、しっかりとした台本作りをしていくことになります。

台本を書く上では、美術や照明など制作現場のスタッフともやりとりをしなければなりませんので、コミュニケーション能力も必要とされるでしょう。台本が完成したらいよいよ番組収録に入ります。

生放送でも事前収録であっても、内容チェックをしながら修正したり指示を出すために常に立ち会いながら進めていくのが一般的です。つまり、企画して終わりではなく最後まで責任をもって見届けるのが放送作家の仕事です。

近道は事務所の養成スクールに入ること

放送作家が所属する先としては、芸能事務所や制作企画会社などがあります。大手のテレビ局やラジオ局はどうしても大都市圏に多くなりますが、事務所や企画会社などは全国各地に存在しています。所属するためには、これらに履歴書や企画書を送付し書類選考がおこなわれたのち、面接をパスするというルートがあります。

ただし、なかなか狭き門であり、面接を経てから実際に仕事に就けるのはごく一部の人だけという現実があります。そこで、よりこの仕事への道に近づくための方法として、こういった事務所が開催している放送作家養成スクールなどに入り、そこから採用へとこぎつける方法があります。

専門に特化したところだけではなく「お笑い養成所」などでコースの一つとして設けているところもあり、レッスン内容も充実しているのが特徴です。専攻コースでは、より実践的な授業によりこの業界で即戦力となる企画力や台本の書き方・プレゼンテーション能力なども身に付けていきます。

また、最近需要が高まるWEBでの動画配信スキルなどにも力を入れていることが多く、より幅広い知識や技術を学ぶことが可能です。養成所で優秀だと認められればその事務所に入ることができ、作家デビューへの道が開けてきます。

養成所やスクールではどんな授業をおこなっているのか

お笑い養成所などの専攻コースや養成スクールなどでは、どんな授業がおこなわれているのでしょうか。各スクールで一般的におこなわれているものは「業界の基礎知識や視聴率について」「コーナーのあり方」などの講義や、「企画書の考え方・台本・ナレーションの書き方」「キャッチフレーズなどでのテクニック」などが共通事項です。

また、課外授業や卒業制作などさまざまな催しを通して、表現の場を広げる機会が多く設けられています。それに加えて各養成所では、それぞれ独自のカリキュラムを組んで育成に力を入れています。例えば、クラス少人数制を採用し、毎回会議形式での講義をおこなっているところがあります。

放送作家に求められる要素の一つでもある「自己表現」、それをうまくアピールする能力を育てるため、毎週のように企画およびプレゼンテーションの場を設けているのです。これにより、自分の意見をしっかり伝える・相手の意向を素早く汲み取る・相手のニーズに応える、これらのことがおこなえる瞬発力の高さが養われていきます。

多くの養成所では、卒業後の進路として講師が所属する事務所や企画制作会社に推薦してもらうことも可能であり、基礎知識と実践力を身に付けながら、より効率的に放送作家への道に近づきたいという人は、やはり養成所に入ることが一番の近道だと言えるでしょう。

 

ここでは、放送作家の仕事内容や求められる能力、そして夢を叶えるための最適なルートとして、お笑い養成所や養成スクールなどで学べるカリキュラムの内容・特徴を紹介してきました。知識や技術と共に実践力が身につくのがそれらのスクールの強みであり、優秀と認められることで卒業後の進路が開けてくるというメリットがあります。

現在、芸能・お笑い事務所などが主催するそれらの養成所は多くありますので、入学を検討するならそれぞれの特徴をチェックして、より自分に適したところを選ぶと良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧