お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

お笑い養成所の募集要項を押さえておこう!入学の資格や方法とは

テレビなどでお笑い芸人が活躍している姿を見ると、自分もお笑い芸人になりたいと考える人も出てきます。そこで、お笑い養成所に入学する必要がありますが、誰でも入学できるわけではありません。詳しくは、募集要項や入学資格などを見て入学方法を確認しておくことが必要です。ではどのような内容になっているでしょうか。

年齢制限に関してはどのようになっているか

お笑い養成所に通う場合には、年齢制限があるところも少なくありません。一般的には高校卒業した位の年齢である18歳以上から25歳位までになります。上限を設けているところがあるのは、やはりある程度年齢が進んでしまうとデビューが難しいことが考えられるからです。これはビジネス的な観点により配慮していると言うよりも、高いお金を払ってお笑い養成所に入る人のことを考えての配慮ともいえます。

しかし、養成所には年齢が無制限のところもあります。たとえ40代からお笑い芸人を目指したとしても、それ以外の条件さえ満たしていれば入学できるパターンも実際にあるでしょう。

最近は教育の中でも英才教育がおこなわれている傾向があります。英才教育は、ある程度小さなうちからその道のプロフェッショナルになるための勉強や訓練をしていくことです。実はこれはお笑いの世界でもおこなわれており、お笑い養成所の系列のところに、小学生かそれ以下の子供が入れるようなコースも創設されているところがあります。

実際にそのようなコースを、プレスクールといった形で開いてみたところ多くの子供が集まったことから本格的に始動し始めたところも出てきました。早いところでは2005年あたりから子供向けのお笑いコースが開いています。そのような意味においては18歳未満でも充分に通うことが可能になるでしょう。

このような事実から考えると、年齢の上限があるところは多いですが、年齢が若くて留学ができないと言う例は少なくなってきている傾向があります。ただそうは言っても、ほとんどが18歳から25歳程度の年齢になるため、それぐらいの年齢であればたいていの養成所に入るための条件を満たすことは可能になります。

中卒であれば良いところが多い傾向がある

18歳以上の年齢制限を設けているお笑い養成所でも、高校卒業せず入学をすることができるようになっています。これは、単純に高校に入っていない人も含まれますが、どちらかと言えば高校を中退した人を救うための条件ともいえます。

高校を中退すると、最終学歴は中学卒業になるため、3年間通途中で中退した場合でも中卒と同じ扱いになってしまいます。そのような人でも、門戸を開くように中卒でも大丈夫なようにしてあるところが多くなっているわけです。

学歴に関しては、中卒事情であれば問題ないとすれば、それ以外に必要な条件は募集に間に合わせることです。たいていの場合は、4月から開講することが多くなりますので、その前の段階で願書を出しておく必要があります。

少なくとも、選考会がおこなわれるのは入学より1ヵ月以上前になります。そうすると最低でも12月ぐらいから準備をしておいた方が良いでしょう。お笑い養成所によって在籍期間が半年になるタイプのところは、9月にも募集している可能性があります。4月の入学を逃してしまった場合でも、そのおよそ半年後の9月からの入学準備をすれば充分といえます。

入学のためには、筆記試験などはありませんが1時選考と二次選考に分かれます。1時選考は書類選考になるため、必要な書類を揃えておくことやプロフィールそして自己アピールなどを考えることが大事です。二次選考はグループ面接になることが多く、自分の意見をしっかり言えるかどうかが合格するための鍵になってくるでしょう。

お金の問題を考えておく必要がある

年齢的な条件や学歴あるいは入学願書の時期が間に合うことにより、お笑い養成所に入学することは不可能ではありません。しかし、やはりお金がかかることも見逃してはいけないでしょう。

基本的には、半年間のコースならば40万円位のお金がかかると考えておくと良いです。1年間のコースになると80万円大金を用意しておきましょう。もしお金が10分でない場合には、融資なども検討した方が良いです。融資をする人が多いことから、養成所では金融機関と提携をしておりローンを組むことができるようになっています。

 

お笑い芸人になるためには、お笑い養成所を出ておくと有利になります。このときの入学方法ですが、募集要項に沿っていれば入学可能です。年齢的には18歳以上で25歳未満であればたいてい入学することが可能になります。最終学歴なども中卒で問題ないとしているところが多いです。

それ以外では、お金の問題もあります。半年間ほど通う場合でも40万円位かかることがあるため、十分なお金を用意しておかなければいけません。もしお金がない場合は、お笑い養成所と提携している金融機関からお金を借りることも必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧