お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

お笑いオーディションを開催している事務所はある?選び方のポイントとは

お笑い養成所に通う場合のポイントは、実際に会社の事務所に入ることができるかどうかです。会社に入るためには、オーディションが必要になりますが、そもそもオーディションをおこなっているかどうかは会社によって変わってきます。もしおこなっていたとすれば、どのようなところを選んだらよいでしょうか。

大手のところはオーディションを開いている

お笑い養成所に入るためには、通常書類審査と面接が必要になります。書類審査に通った後は面接をおこない、そこで問題がなければそのまま入所することになります。

ただ、入所した人が必ず芸能人になれるとは限りません。テレビに出ている人はごく1部で、多くの人たちは芸人になったとしても前座として活躍しているかあるいはそもそもデビューできていない人などがいるでしょう。

少なくとも最初の目標としては、芸能事務所のある会社に入ることが必要になります。この会社に入るためにはオーディションが必要になります。お笑い養成所とつながりがあるところのオーディションを受けることができれば、合格率も高くなる可能性が考えられるかもしれません。

しかし、お笑い養成所がオーディションを開いてくれないこともあるはずです。例えば芸能の会社とつながっていない場合などがこれに該当します。この場合は、好きな会社のオーディションを受けることでようやくお笑い芸人としての第一歩を進むことができるでしょう。

オーディションを開催しているお笑い養成所は、ある程度大手のところになります。大手の会社が養成所を所有しており、その養成所に所属する芸能人やお笑い芸人はつながりのある会社にオーディションを受けて所属する仕組みです。

これらの情報は、大抵ホームページを調べれば掲載されているでしょう。ホームページを調べることにより、その後会社に入ることができるかどうかが変わっています。

では、オーディションのないところはどうしたらよいでしょうか。この場合には、直接芸能事務所とはつながっていないものの、芸能の会社に紹介状を書き、そこで受けることもできるでしょう。最終的には、実力があればどこでも芸能人になることができるはずです。

芸能事務所の選び方のポイントは何か

これから芸能人になるためには、どこかの事務所に所属する必要があります。仕事をもらうのも全て芸能人のいる会社からになりますので、個人でおこなうことは難しいです。

会社を選ぶ場合には、まず仕事をとってくる会社が必要になります。どれだけ芸能人を抱えていたとしても、営業マンが仕事をとって来られなければ意味がありません。つまり、営業能力の高いところに所属をするのが良いといえます。

次に必要なのは、所属しているタレントのスケジュール管理が十分にできていることです。スケジュール管理ができていると、無茶なスケジュールを入れられるようなことがなくなるでしょう。

逆に、管理がいい加減な場合には、休みがなくなったり、1日中働かせられたりすることもあります。仕事があるうちは良いですが、仕事がなくなったときぱったりと収入が途絶えるようなことも十分にあり得るでしょう。

次に注目するべき点は、お金がどれぐらいかかるかになります。ある程度大きなところは、内部留保もしっかりありますので、所属しているタレントが自腹を切って何かをすることはあまりありません。例えば、どこかに移動する場合でも交通費などもしっかり出ます。

また福利厚生の面でも有給休暇等が取れることもありますので、会社員とそれほど変わらない待遇が期待できるでしょう。しかし、小さなところは、タレント活動をするときに自腹を切らなければならないことがあります。よくあるのは、交通費を出すことができない会社です。

それ以外にも、レッスン費用等を自腹で出さなければならず、収入が少なくなってしまう恐れもあります。これらは、事前で口コミなどを通して確認をしておくことが大事です。

環境があっているかどうかも重要になる

ひとつの会社で芸能活動を続けていくためにはその会社の環境が重要になります。例えば、マネージャーと所属タレントの人数比を考えた場合、マネージャーの数が著しく少なければ、しっかりとした仕事ができません。また、事務所の所在地などもとても重要になりますので、確認をしておきましょう。

 

芸能人になるためには、芸能事務所のある会社に所属をする必要があります。この場合には、オーディションのあるところを見つけるのも1つの方法です。仮にそれがなくても、実力さえあれば会社に所属することは可能です。

会社の選び方は、面倒見が良いことや移動するときのコストをどのようにするかです。どうコストが自己負担ならば、給料もらっていても厳しい生活になるでしょう。大手のところならば、移動コスト等は全て会社の方で負担してくれます。後は、会社との相性や環境も重要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧