お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

夜間や土日に通えるお笑い養成所ってあるの?

お笑い芸人になるためには、お笑い養成所に通っていた人も少なくありません。年齢的に仕事をしながら通う場合、平日の昼間に通えないこともあります。この場合夜間や日曜日にやっているお笑い養成所があるかを見ていきます。

平日の夜間におこなっているところのカリキュラム

お笑い養成所でも、普段仕事をしている人はなかなか平日の午前中や夕方までは通うことができません。昼間の仕事をしている人ならば、朝の9時位から夕方の5時ぐらいまでは仕事に拘束されるはずです。その時間帯の人は、養成所に通うことができず夢をあきらめなければいけなくなってしまいます。

しかし、養成所の方でも社会人になってから芸人を目指したいと考えている人が多いことをよく理解しています。この場合に、少しでもその人たちが通いやすいように、平日の夜間も養成所を開いているところが少なくありません。

時間帯として考えられるのは、平日の夜の7時から9時ぐらいまでの時間帯です。学校の中には、10時位までおこなっているところもあるでしょう。つまり、昼間の生徒が帰宅してから、その後夜のレッスンに入るのです。

このように二部制にすることで、よりたくさんの生徒を集めることができ、養成所としてもメリットがあります。一方で、そこに通う生徒たちも、仕事をしながらでも通うことができるため、無理なく生活をすることができるようになるでしょう。

土日でもオープンしているところは少なくない

お笑い養成所によっては、18歳から20歳位の年齢の人たちよりも、20歳以上の人たちが多いところもあります。20歳位ならば、大学生が授業に出席しその後通うことも可能になるでしょう。この場合ならば、午前中は難しくても夕方以降の時間を有効に使えば通うことが可能になります。

しかし社会人の中でも、仕事の終わりが遅く、平日昼間の時間帯や平日の夜の時間帯も通うのが難しい人がいるかもしれません。このような人のために、土曜日や日曜日もオープンしているお笑い養成所も少なくありません。土日にオープンさせることにより、平日の時間帯に行くことができない生徒を集めることが可能になります。

人数はそこまで多くないものの、平日昼間や夜の時間帯を学業や仕事に費やすことができ、土曜日や日曜日は自分のやりたいお笑いの勉強することが可能になるため、充実した毎日を過ごすことができるはずです。また、平日の夜に通っている人でも、合わせて土日に通うことも可能になるでしょう。

このように、学校によって若干仕組みは異なるものの、多くの養成所では土日をオープンしていると考えて良いです。ただあまり規模が小さいところは、先生の数なども少ないため土日にオープンしている可能性は低いです。

長い期間通うことになる場合も少なくない

通常のお笑い養成所の開講時間が平日の朝9時から夕方の4時ぐらいまでだとすれば、平日の昼間から通うことができる生徒は6時間ちかく勉強することができます。これぐらいの時間通い続けて、半年程度勉強することでようやくオーディションを受けられるだけの実力を身に付けることが可能になるでしょう。

では、平日の夜の時間帯にしか通えない人や土日しか通うことができない人は、半年程度でオーディションを受けるだけの実力をつけることは可能でしょうか。この点に関しては、かなり無理があるとされているため、半年程度ではオーディションを受けることができない仕組みになっている養成所が多いです。

例えば、平日の夜間の時間6火曜としても、1日3時間程度しか受講することができません。そうすると、平日昼間に通っている生徒に比べると半分程度の時間しか確保できないことになります。

この場合には、1年ぐらい養成所で勉強した後に、ようやくオーディションを受けることができる仕組みを採用しているところが多くなるわけです。土日しか通えない生徒の場合も同様になります。1週間に2回しか通うことができないとすれば、1年から1年半ぐらい通い続けてようやくオーディションを受けるだけの能力を身に付けることができるでしょう。

 

お笑い養成所に通う場合、昼間の時間に通うことができるならば半年程度で卒業することが可能になります。しかし、すべての人が昼間の時間帯に通えるとは限りません。この場合には、土曜日や日曜日を使って授業をしてくれるところや、平日の夜から授業をしてくれるところも増えてきました。これにより、社会人でも比較的気軽に養成所に通うことが可能になります。

ただ、平日の昼間に通う場合とは異なり、夜間にしか通えない生徒や土曜日や日曜日にしか通えない生徒は、コマ数を確保するのが大変です。この場合には、平日昼間に通っている人よりも長い期間お笑い養成所に通い続けなければならないことは覚悟しておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧