お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

放送作家の年収相場は?新人の時期はどのくらいもらえるの?

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/07/08


放送作家として働きたい人にとって、年収がどれくらいであるか気になる人も多いでしょう。放送作家になればいきなり高い年収を稼げるわけではなく、新人としての下積みが必要となります。新人の時期の放送作家はどれくらいの収入があるのでしょうか。今回の記事では、放送作家の年収相場や新人の時期の年収について解説します。

新人放送作家の年収はどれくらい?

放送作家の年収は年齢や経験によって異なりますが、放送作家としての能力や実績が大きく影響します。よって、新人放送作家の年収は能力や実績がないため、年収200万円から300万円程度となる場合もあれば、人によっては年収200万円を下回る場合もあります。新人放送作家の場合、放送作家事務所に就職することが多いですが、入社してすぐに放送作家の仕事を任せてもらえるわけではありません。入社して初めの頃は、情報収集するリサーチを行いながら、先輩放送作家のアシスタントが仕事の中心となります。

また、フリーランスとして放送作家を始めた場合は実績や人脈が無いことから、仕事の依頼がほとんどない状態でスタートするため、収入面は厳しいことがほとんどです。いきなり大きな仕事を任されるわけではなく、小さな企画しか任されないため、数万円程度のギャラであることは珍しくありません。放送作家の収入だけでは生活していくことができないため、副業やアルバイトで生活費を稼ぎながら、放送作家として活躍することを目指す人も多いです。

新人の放送作家は、多くの人がほとんど休みを取れないなかで働いています。時間が無いなかでも、放送作家として業界に自分の名を売るためには、ギャラが低く小さな仕事でも、実績として積んでいく必要があります。最初は収入と労働時間が見合っていないことがほとんどですが、放送作家として成功するためには、避けては通れない道かもしれません。

放送作家の年収相場

放送作家の年収相場は実力によって左右されるため、人によってさまざまです。放送作家はフリーランスであることがほとんどですが、大手の放送作家事務所で正社員として雇用されるケースもあり、固定給である場合は収入が安定します。また、個人で働くフリーランスには無い福利厚生があることもメリットとなります。

正社員としての放送作家の年収は、300万円〜400万円程度が参考相場ですが、公的な統計も無いので年収相場が掴みにくい職業です。

また、放送作家はフリーランスであることがほとんどのため、フリーランスの年収相場は人によって異なります。フリーランスの場合は、基本的に企画ごとに報酬が支払われる形式ですが、新人の放送作家では一本あたり3〜5万円程度といわれており、月に4本仕事があっても十数万円の月収となります。能力と実績が積み上がり、放送作家としての人気が高まれば、企画ごとの単価が跳ね上がる可能性があります。

一部の放送作家に限られますが、毎週放送されるような人気レギュラー番組の企画を任されるようになれば、年収1,000万円を超えることも可能です。

レギュラー番組を抱えたとしても、視聴率が低迷している場合は、番組自体が打ち切られる可能性があります。短いスパンで打ち切りとなる番組も数多くあるため、放送作家の収入も安定しません。放送業界において出演するタレントは実力主義の世界ですが、放送作家も実力が試される業界なので、一般的なサラリーマンのような年収相場はあてになりません。ただし、一般的なサラリーマンと違うのは、実力があれば一気に年収が上昇する可能性が高いことです。

放送作家としての収入を上げる方法

放送作家は基本的に企画ごとに報酬をもらう形式なので、企画の本数×単価が放送作家としての収入となります。放送作家としての収入を上げるためには、企画の本数を増やしつつ、契約単価を上げる必要があります。新人の放送作家がいきなり多くの企画を任されることはありませんし、契約単価も低いことがほとんどです。

放送作家としてまずは、たくさんの案件に挑みながら、多くの台本を手掛けていくことが大切です。台本の数をこなしていくことで放送作家としての実力と実績が積み上がり、実力と実績が積み上がることで企画一本あたりの単価が上がり、収入アップに繋がります。人気があり、稼いでいる放送作家の場合、週7本以上、多い時では10本以上のレギュラー番組を持っています。放送作家として稼ぐためには、多くの案件を効率よく動かしていくスキルも求められます。

また放送作家として活躍できれば、雑誌の連載や本の出版による副収入も視野に入ります。放送作家は日々台本を書くために、文章力や表現力が培われており、雑誌の連載や書籍の執筆にスキルを活かせます。放送作家として収入を上げていくには、数をこなすことが重要ですが、効率的に働くことができるような環境を整え、多忙なスケジュールのなかでも、休息を取れるような自己管理能力も大切となります。

 

能力や実績に乏しい新人の放送作家は、一般的なサラリーマンと比較すると、年収は低い傾向にあります。放送業界は実力主義の世界であるため、サラリーマンのように年収相場に関する公的なデータもありません。放送作家として年収を上げていくためには、とにかく数をこなしながら経験を積み、企画の報酬と契約単価をあげていく努力が必要です。

お笑い養成所ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベコメディスクールNSC(吉本総合芸能学院)松竹芸能タレントスクール太田プロエンターテイメントカレッジスクールJCA(人力舎)
特徴全員ネタ、企画、ライブができて在学中からキャスティング多数!全国に劇場を保有し、お笑い芸人+αな可能性が広がる!個性に合ったコースを選べる!40年の歴史を誇るスクールストイックな1年間で可能性を広げていくお笑いの基礎固めからネタをつくる力を養える!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧