お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

お笑い養成所に入りたい!倍率ってどのくらい?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/14

お笑い養成所は、自分の求めているお笑い芸人のスタイルを手に入れるためにも、またお笑いスキルをアップするためにも通うメリットがある場所です。では実際にお笑い養成所に通う場合、どれくらいの倍率でそこに入ることができるのかご存じですか。

お笑い養成所に入るためにはどうすれば良いか

お笑い養成所に入りたいといっても、誰でも入ることができるわけではないので、その点には十分注意しておきましょう。

まずは、応募条件を満たしているかどうかをしっかりとチェックするために応募資格に関してしっかりと調べておきましょう。基本的に応募できるのは17歳以上の男女で、他の教育機関には属していないということですが、養成所によってルールが違うので、自分の通いたいところに関して調べることをおすすめします。

その後、応募条件を満たしていることがわかったら、次は出願書類を通いたい養成所の資料請求フォームを利用して請求します。実際に出願書類が届いたら不備がないように整え、指定されている住所のほうに郵送すると、試験の詳細が後日伝えられる形です。

そして、入学するために試験を受け、それに合格すると入学手続きをし、実際に養成所のほうでレッスンを受けることになります。試験自体は年に何回かおこなわれていますが、設定されている定員になり次第、募集は終了となるので、その点には注意するようにしましょう。

お笑い養成所の倍率はどれくらいなのか

お笑い養成所に通いたい場合は試験を受けて合格する必要があるのですが、養成所によっても違いますが、基本的に落ちることはないというところも少なくありません。

養成所では、その年に募集する定員がすでに決められており、その人数の人までは入ることができるようになっているからです。もちろん、その人数になってしまったらそれ以上の人を採用することはないので、定員に達してしまったらその年度はその養成所に通うことは残念ながらできません。

しかし、言い方を変えれば、定員に達する前に応募すれば、倍率を気にすることなく基本的にどの人も試験に合格できると言えます。定員は公表されているわけではないので、もしその人数を知りたかったら、毎年の入学者数を調べると良いでしょう。

ちなみに、試験自体は一次試験と二次試験があり、一次では書類審査がおこなわれ、二次では面接がおこなわれるのが一般的です。

ただ、前述しましたが、基本的に定員を満たす前に応募すれば合格する確率が高いのですが、絶対に合格するとは限らないので、その点を理解しておきましょう。例えば出願書類に何か突拍子もないことを書いたり、面接時にとんでもないことをした場合は、定員を満たしていなくても不合格となってしまうこともあり得ます。

気にしておきたいのは倍率ではなくその後のこと

お笑い養成所によっても違っていますが、多くのところは定員を満たしていない場合は、大体の人は合格する仕組みとなっています。だから、早い時点で応募すれば、特別なことがない限り不合格になってしまうことはないので、倍率を気にする必要はあまりありません。

それよりも、養成所に通う場合に注意しておきたいのは、倍率ではなくカリキュラムを終えた後のことです。お笑い事務所によってルールは違っていますが、養成所を出たからと言って自動てきに事務所に入ることができるというわけではありません。

オーディションに合格しなければならない場合もあるし、そもそも卒業試験に合格しなければならないことになっているからです。門戸が広いお笑い養成所ですが、実は卒業試験に合格する人たちの数は非常に少なく、さらにそこから事務所に所属することができる人の数はもっと少なくなります。

したがって、養成所を出たらお笑い芸人として活躍したいと考えているなら、養成所に通うことを目標とするのではなく、その後のこともしっかりと視野に入れて活動すると良いでしょう。

 

お笑い養成所に通うと、自分が本当に面白いのか客観的に見ることができるようになるだけでなく、一緒に活動する仲間なども見つけやすくなります。現在では多くのお笑い事務所が養成所を設けており、そこに通っている人も少なくありませんが、まず通うためには応募条件を満たしていなければなりません。

また、誰でも通うことができるのではなく、試験に合格しなければその養成所に通うことはできないので注意しましょう。養成所の試験の倍率に関しては、定員に達していない間はほとんどの人が合格することができるので、それほど気にする必要はありません。

ただ、養成所に通ったからと言って100%お笑い芸人になることができるわけではなく、その後卒業試験に合格し、事務所に入ることができる人は数えるほどです。したがって、お笑い芸人になりたいのであれば、倍率だけに気を取られるのではなく、その後のこともしっかりと視野に入れて活動しましょう。

お笑い養成所ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベコメディスクールNSC(吉本総合芸能学院)松竹芸能タレントスクール太田プロエンターテイメントカレッジスクールJCA(人力舎)
特徴全員ネタ、企画、ライブができて在学中からキャスティング多数!全国に劇場を保有し、お笑い芸人+αな可能性が広がる!個性に合ったコースを選べる!40年の歴史を誇るスクールストイックな1年間で可能性を広げていくお笑いの基礎固めからネタをつくる力を養える!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧