お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

お笑い養成所で実践的な内容は学べないってホント!?

事務所のオーディションを受ける場合には、今まで勉強した内容を発揮するだけですが、当然不合格になる人もいるはずです。この結果を見ると、もしかしたらお笑い養成所で学んだ内容は実践的ではなく役には立たないと述べる人もいるでしょう。では、本当にお笑い養成所の勉強は実践的に役に立たない内容なのでしょうか。

養成所で学ぶ内容はどのようなものか

お笑い養成所でお笑いに関して学ぶ内容は、あまり実践的ではない、あるいは本当のお笑いを学べないと考えている人もいるかもしれません。それが本当かどうかは、実際に養成所で学んでいる内容を見ていくとその全容が明らかになってくるでしょう。お笑い養成所といっても、いくつかのコースがあります。

1つは、芸人を目指すお笑い芸人のコースです。このコース以外にも、ビジネスコースなどが開講しているところがあります。つまり芸人をどのようにプロデュースしていくか、あるいは有名にしていくかなどのビジネス的な内容のコースです。どちらかと言えば、事務所の裏方的な立ち位置になるコースです。

この2つのコースを見ると、お笑い芸人になるには前者の芸人のコースに進むしかありません。芸人のコースに進んだときのカリキュラムとしては、養成所によって違うものの、主に笑いを取るにはどうしたら良いかを勉強していくことになります。

講師としては、実際に第一線で活躍していたお笑い芸人が担当することもあります。現役のお笑い芸人が担当することもあれば、すでに引退をしているような芸人が担当することもあるでしょう。

正式な講師として採用されている場合には、すでに引退している芸人が担当する可能性が高いです。現役のお笑い芸人が講師になる場合は、臨時講師のような形で依頼されている可能性があります。

この点を見ていけば、実践的なお笑いを学ぶことができるでしょう。何故かと言えば、実際に会場を沸かしてきた人たちや、テレビを通じて多くの視聴者を沸かしてきた人たちが講師になっているからです。実践的な内容以外の話をするのが難しいといえます。

もし講師が芸人でない場合はどうか

第一線で活躍していきたお笑い芸人や、テレビではそこまで有名でなくてもそれなりに人気のあるお笑い芸人の場合には、実践的な内容を養成所の生徒たちに伝えることが十分に可能になります。

しかし、中には全く有名でなくデビューもしていない人が講師をしているパターンもあります。もしそのような講師しかいない場合には、本格的なそして実践的な内容を伝えるのは難しいかもしれません。

なぜなら、経験がないため教えることが難しいからです。とは言え、お笑いのネタ以外ならばそのような人たちから学べることがたくさんあります。例えば、顧客心理を学ぶ勉強などがこれに該当します。お笑は、単にネタを提供すれば良いだけでなく、顧客心理をうまく理解することが必要です。

顧客とは、実際にその会場に来ているお客さんのことであり、あるいはテレビのブラウン管を通して見ている視聴者のことです。例えばお笑い芸人が5分間のネタをおこなう場合、その5分間のネタの中でいかにお客さんを飽きさせないようにするかの心理を理解することが必要になります。

これは第一線で活躍している人から聞いても良いですが、顧客心理学に詳しい先生から聞くのも1つの方法です。むしろそのほうが、より体系的に勉強を教わることができるかもしれません。

ネタ合わせやネタ作りなどを担当してくれる

お笑い芸人は、表面的には人々を笑わせる仕事ですが、残りの9割は地味な仕事と考えてよいでしょう。よく有名な芸人が、過去に大御所と言われていたお笑い芸人のビデオや、海外のコメディー映画などをかなり見尽くしていると言う話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

これは、裏の努力の話になりますが、芸人としてのほとんどの時間は裏の努力に費やされます。わずか5分のネタを仕込むために何時間ものネタの打ち合わせやネタ作りなどをおこなっていくわけです。

そしてネタ作りの基本は、よりたくさんの情報を得ることになるでしょう。これらの情報を提供するとともに、データの作り方や仕込み方などを基礎から教えてくれるのがお笑い養成所の勉強内容です。

このような意味から考えると、お笑い養成所ではかなり実践的な内容を学ぶことができます。それでもオーディションに受かる人と落ちる人がいるのは、やはりその人の才能や努力の違いにあると言えるでしょう。

 

お笑い芸人がお笑い養成所で学ぶ内容の1つが、実践的な勉強になります。実は、お笑い養成所においてかなり役に立つ勉強がされていることが多いです。例えば、ネタの作り方やネタの仕込み方そして打ち合わせの仕方などがこれにあたります。

しかも現役のお笑い芸人や元お笑い芸人だった人が担当しますので、本番さながらの臨場感を味わうこともできるでしょう。また舞台に立った芸人でしかわからないような裏話なども楽しくしてくれる可能性があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧