お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

お笑い芸人に求められることとは?プロになるための心得

実際にお笑いを目指すことになった人でも、なかなかうまくいかないことも多いでしょう。お笑い養成所などに通っている人でも、全ての人がデビューするわけではありません。ただデビューしても、ほとんど売れない人の方が圧倒的に多いわけです。では、一体何が足りないのでしょうか。そのための心得をいくつか見ていきます。

数々のネタを研究することが重要になる

お笑い芸人の中でも、大御所と言われている人は普段ふざけているような行動をしているように感じますが、実は裏ではさまざまな勉強していると言われています。例えば、コメディー映画を全てみたり、あるいは歴代の有名なお笑いのボケとツッコミを全て研究したりすることで、自分なりのお笑いスタイルを確立していくのです。

ここからわかることは、お笑いで有名になるためには単に面白いだけでは足らず、研究熱心であることが必要になるでしょう。もちろん大御所を目指すかどうかは別になります。有名になるためには、裏の努力がどれだけできるかが大事になるでしょう。

そして、この努力をすることができるかどうかは、本当にお笑いが好きかどうかによって変わってきます。いろいろなコメディー映画を見たり、過去に有名だった人たちのやりとりを振り返ったとき、途中で飽きてしまう人もいるかもしれません。

もちろんずっと見続けていれば飽きることはありますが、翌日また朝起きたときに思わずそのような動画を見てみたいと感じるようならば、長く研究をしていける可能性はあります。

このように、本当に自分が好きならば長く研究することができ、結果的にそれが自分の肥やしになると言えるでしょう。これらは、お笑い養成所でも身に付けることが可能になります。

良い相方を見つけることがとても重要になる

お笑い芸人の多くは、ピンではなく、複数のグループを作っています。多くの場合、2人でボケとツッコミをやっているのが基本になるでしょう。このとき、相方の存在がとても重要になります。

学生時代からやっていた人は、もしかしたら自分の相性の良い相方を選ぶかもしれません。確かに、自分と相性の良い相方を選ぶことで盛り上がることができるでしょう。また一緒にいる時間も長くなれば、ネタを作るときなども困りません。

ですが、仲の良い人が良い相方とは限らないわけです。中には、普段はほとんど付き合いはないけども仕事上だけネタの打ち合わせなどで一緒になるような人もいるわけです。相方を選ぶときは、仲の良さよりも、本当に自分の能力をうまく発揮できる相方なのか、そして自分が相手に対して相手の能力を引っ張り出すだけの力があるかなども重要になるわけです。

2人の人が合わさったとき単純に2倍の人気が出るだけでなく、3倍かそれ以上のエネルギーや人気が出ることが重要になります。有名人ほど、相方と自分が合わさることにより、何十倍から何百倍ものエネルギーや面白さが発揮されている例が多いです。

このように相方を見つけるためには、お笑い養成所に通うことも必要になるでしょう。お笑い養成所では、皆有名人を目指します。有名人を目指す人の分母が多ければ多いほど、相方が見つけやすくなるといえます。

お客さんの顧客心理を考えることも重要になる

お笑い芸人に求められることの1つに顧客心理があります。いわゆる心理学の話ですが有名な芸人ほど、この心理学の知識にたけていると言えるでしょう。何も専門的に研究をしていたわけではありませんが、さまざまなリアクションなどを見ていくと、やはりどのようなタイミングでボケたら良い日あるいはツッコミを入れたら良いかなどがわかってきます。

これらは、天性のものとは限らず、努力によって得られるものになります。もちろん中には天才的な人もおり、自然にお客さんの心理を理解してタイミングを上手につかむ人もいるかもしれません。

しかし、そのような才能がなかったとしても、地道に勉強することで、より面白いそして有名な芸人になることが可能になるでしょう。お笑い養成所などで、笑の基本を学ぶときに、ボケと突っ込みの間などを学ぶことがあるかもしれません。

基本はそこで理解することが重要になりますが、それだければ他の芸人と何ら変わりがありません。そこから自分たちのやり方をさらに発展させるべく、オリジナルのパターンを身に付けることが重要になります。

 

これからお笑い芸人を目指す場合には、いくつか求められるものがあります。1つは、研究熱心であることです。他の有名人の面白いビデオなどを研究して、それをどのように自分が吸収するかなどもとても重要になります。

次に、相方の存在も大事になるでしょう。相方の存在は、自分の能力を発揮するときにとても重要な要因の1つです。当然ながら自分も相方の能力を上手に発揮させてあげることが大事です。それ以外では、顧客心理を学ぶことも大事になってくるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧