お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

お笑い芸人の仕事内容とは?どんなことをするの?

お笑い芸人を目指している多くの人が通っているのがお笑い養成所ですが、将来タレントとして活躍するためには、どのようなタイプの仕事があるのかをあらかじめ知っておくことも必要です。お笑いの世界にはテレビから営業まで、さまざまなタイプの仕事があります。

テレビのお笑い番組に出演する仕事

お笑い芸人の仕事内容の中でも一番メジャーなものがテレビ番組の仕事です。全国ネットのテレビに出演することで、無名の新人でも知名度を大きく上げることができます。お笑い関係のテレビ番組だけでも幅広い種類がありますが、若手のお笑いタレントがよく出演しているのがネタ見せ番組です。

このタイプの番組では普段舞台などでおこなっているネタをそのままテレビカメラの前で演じることが仕事なので、テレビ出演に慣れていない若手でも、実力を出しやすい番組です。ネタ番組に出演して人気に火がついた若手も多くいます。

テレビの仕事としてはトーク番組もお笑いの中では人気があり、ネタ番組と違って話すことは決まっていないので、タレントとしてのトークの力が問われる番組です。若手の場合にはゲストとして呼ばれることも多いですが、先輩の芸人が司会をしている番組ならば、先輩にフォローしてもらえることもあります。

テレビのお笑い番組としては体をはって笑いをとるタイプの番組も人気があり、これはトークやネタの技術よりは、タレントとしての個性が重視される番組です。スポーツマンのように高い運動神経が求められるお笑い番組の仕事もあり、しゃべりだけでなくさまざまな能力が必要になります。

テレビ以外ではラジオなどもお笑いタレントの中ではメジャーな仕事です。ラジオのパーソナリティーなどは、昔から多くの有名なお笑いタレントが務めてきた仕事で、テレビのように映像がない分、より高いトークの能力が必要になります。

お笑いタレントの中には、お笑い以外の分野で活躍している人もいて、テレビドラマで役者として活躍している人も多く、本職の俳優のように高く評価されている芸人もいます。司会の仕事もお笑いタレントがよくおこなっている仕事で、お笑いだけでなく、政治や経済に関する番組の司会を、お笑いタレントが担当することもあります。

全国各地でおこなわれる営業の仕事

お笑い芸人の仕事として、テレビ以外で大きな収入源となっているのが営業の仕事です。営業の仕事は非常に幅が広く、全国各地のさまざまな場所でおこなわれています。ショッピングモールやイベント会場などにお笑いタレントが呼ばれることもよくあり、集客のために役立てられています。

お笑いタレントが営業に呼ばれる場合には、ネタを見せるタイプとゲストとして呼ばれるタイプの、二種類の仕事があります。ネタを見せるタイプの営業はデビューして間もない若手に多い仕事で、テレビに出演して顔が売れ始めた期待の若手から、まったく世間に知られていない新人まで、自分の存在をより多くの人に広めることができる仕事です。

ネタを見せる営業の中には、自分で自由にネタを選んで披露できるタイプの仕事と、主催者から特定のネタをおこなうように指示されるタイプの仕事があります。テレビ番組で有名になったネタがあるタレントなどは、それを会場でおこなうように求められる仕事も多いです。

知名度が高いタレントほど全国各地から仕事の依頼がきやすいので、営業の仕事だけで大きく利益をかせいでいる芸能事務所もあります。一時期ブームになったけれど、人気のなくなった芸人などにとっても、営業の仕事は大切なもので、テレビには出られなくなっても、有名であったころのネタが地方の会場で通用することもあるので、需要と供給のバランスが取れています。

会場に招かれたゲストとして好きなことを話すだけで良いタイプの営業もあり、笑わせなければいけないというプレッシャーも少ないために、人気のある仕事です。

舞台でネタ見せや喜劇を演じる仕事

お笑い芸人の仕事の中でも、笑いの実力をのばすことができるのが舞台の仕事です。お笑いタレントが多く所属している芸能事務所の中には、専門の劇場を運営しているところもあり、お笑いファンだけでなく一般客も多くつめかけています。

こうした劇場には施設によってさまざまなタイプがあり、若手が中心になっている劇場もあれば、中堅からベテランまで幅広いタイプの芸を見ることができる劇場もあります。劇場での仕事内容は、ネタを見せることが多いですが、若手にとっても自分のネタを披露することができる貴重な場所です。

舞台で多くのネタをこなして実力をつけ、テレビの世界で活躍するようになった芸人も多いことから、若手にとっても舞台での修行は、将来のための大事なプロセスになります。舞台の仕事の中にはネタ見せのほかに喜劇に参加するタイプの仕事もあり、これはネタ見せよりも多くのタレントが一緒に集まって演じるものなので、芸人同士のより強い信頼関係が必要になります。

舞台に仕事の中にはテレビに放送されるものもあり、舞台でお笑いを演じている自分の姿が全国に中継されるので、知名度も上昇します。

 

お笑い芸人の仕事として一番メジャーなのがテレビの仕事で、ネタ見せ番組やトーク番組など、さまざまな種類の仕事があります。司会の仕事もお笑いタレントがよくおこなっている仕事で、テレビドラマで俳優の仕事をしている人もいます。

営業の仕事もお笑いタレントの収入源になっている重要な仕事で、地方のイベント会場でネタ見せをしたり、フリートークをして会場を盛り上げます。舞台の仕事もお笑いタレントにとっては大切な仕事で、若手にとっても芸を磨くことができる貴重な場所です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧