お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

やめておこう!お笑い芸人に向いていない人の共通点とは?

お笑い養成所には毎年多くの新入生が入校しています。その中にはもともとタレントとしての才能に恵まれた人も多いですが、芸人になるためには非常に不向きな性格もあり、そうした性格の人には共通した特徴があります。

お笑いをすることに照れがある人

お笑い芸人に向いていない人の共通点としてあげられるのが、人前でお笑いをすることを恥ずかしがっている人です。舞台の上に立っても、全力でお笑いをすることにどこか抵抗を感じて、照れを感じながらおこなったのでは、見ている人にとってもつまらないものになってしまいます。

一番悪いのは中途半端に羞恥心を感じながらお笑いをすることです。人を笑わせるためには、お笑いをやり切ることも必要なので、笑いのために自分の恥も捨てるぐらいの気持ちを持っている人のほうが芸人には向いています。

恥ずかしいという気持ちを克服するためには、お笑いをするということにプライドを持つことが必要です。恥ずかしいことをやっているという気持ちでお笑いをしていては、いつまで経っても羞恥心を克服することはできず、人を笑わせることもできなくなってしまいます。

こうしたことから、お笑いをすることを恥ずかしいことだと思っているような人は、初めからお笑い芸人にはならないほうが良いと言えます。恥を捨てようと思っても、プライドが邪魔をして、なかなか捨て身でお笑いに打ち込むことができないような場合にも、恥ずかしさを感じることなくお笑いができるようになるためには、自分の技術に対する自信も必要になります。

お笑いの間を取ることができない人

適切な間を取ることができないことも、お笑い芸人に向いていない人の共通点です。お笑いタレントと言えば上手に話をする能力だけが求められていると思われがちですが、それと同じくらい重要になるのが、話の途中で上手に間を取ることができる能力です。

どれだけ面白い内容の話をしゃべっていても、間の取り方一つで面白い話がつまらない話になってしまうこともあるので、上手に間を取ることができる能力は、お笑いには不可欠な要素です。

話の間に適切な間を取ることができる能力は、普段の日常会話の中でも調べることができます。話の上手な人は、話のところどころに切れ目を入れて、聞いている人にうまく話の内容を伝える技術を持っています。

こうした能力を生まれつき持っている人もいますが、多くの人はさまざまな経験からこうした能力を獲得しています。上手に自分の言いたいことを伝えるために間の取り方を工夫している人も多く、このような人はお笑いタレントになる場合も能力を役立てることができます。

逆に普段の会話から間の取り方が悪いような人は、他人と会話をしていても、自分が思っているようには、相手に自分の言いたいことが伝わっていないことがよく見られます。話の継ぎ目もなしにだらだらと話し続けていては、相手にも内容が伝わりにくく、お笑いをする場合にも非常に不利になります。

ユーモアの感覚が大きくずれている人

一般の人と面白いことに対する感覚が大きくずれている人も、お笑い芸人に向いていない人の共通点です。お笑いタレントになるためには面白いことを言ったり、したりすることができる能力が何よりも必要ですが、面白いことを考えるために必要なのが、何が面白いことなのかを正しく判断できるセンスです。

自分が面白いと思っていることでも、他人にとっては全く面白いと思えないことしか考えつけないようでは、自己満足のためだけのお笑いになってしまい、人を笑わせることなどできません。笑いがとれなければ、お笑いタレントとして成功する可能性もなくなってしまうので、初めからお笑いを勉強しなかったほうが良かったということになります。

自分にお笑いのセンスがあるかどうかは、他人に自分の作ったネタを見てもらうのが一番良い方法です。正直な感想をそのまま言ってくれる友達や家族ならば、自分の作ったネタが本当に面白いのかどうかを判断できます。

心から面白いと思って作ったネタでも、友達にクスリとも笑ってもらえなかったような場合には、お笑いのセンスがないということなので、一流のお笑い芸人になるためにはさらに一層の努力が必要になります。

それでも、どうしてもお笑い養成所に通って人気の芸人になりたい場合には、他の人のお笑いを研究することで、笑いのセンスを向上させることができる場合もあり、努力が身を結ぶこともあります。

 

お笑い芸人に向いていない人にはいくつかの共通点がありますが、お笑いをすることに恥ずかしさを感じているような人は、一番芸人には向いていないタイプの人です。間の取り方が悪い人などもお笑いにはあまり向いていないタイプで、こうした人は普段の会話でも間をうまく取ることが苦手です。

笑いに対する高いセンスも必要になり、自分だけ面白いと思っているようなことしか考えられないような人は、さらなる努力が必要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧