お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

放送作家になるには?そもそもどんな仕事なの?

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/04/14

どんな仕事

テレビやラジオでは毎日たくさんの番組が放送され、笑いや感動を生んでいます。番組は出演者が表で目立っている一方、裏で企画を生み出し続ける放送作家にはスポットが当たりにくいものです。そこで今回は放送作家がどんな仕事なのかをご紹介。あわせて放送作家になる方法やどんな人が放送作家に向いているかについて解説します。

放送作家とはどのような仕事?

放送作家とは、テレビやラジオで放送される番組の企画や構成、台本作成といった全体に関わることを作っていく仕事です。

テレビでもよく聞く台本が構成と呼ばれるため、構成作家と呼ばれることもありますが、放送作家と構成作家の仕事に決まった違いはありません。

放送作家はさまざまなジャンルの番組を担当します。仕事の依頼を受けたら、番組のプロデューサーやディレクターと番組の企画についてアイデアを出しながら企画を制作。番組の企画ができあがり、全体像が固まったら、放送作家が番組の構成に沿って出演者のセリフなどを考え、台本を書いていくのです。

台本ができあがれば、本番の番組収録開始。収録の現場に立ち会って指示をするのも、放送作家の重要な仕事です。このように番組制作のスタートから放送まで携わることが放送作家としての仕事といえます。

放送作家になるには?

放送作家になるためのルートはとくに決まっていません。放送作家になるにあたって年齢制限もとくになく誰でも放送作家を目指せます。しかし、どのように放送作家を目指せばいいのでしょうか。こちらでご紹介していきます。

養成スクールや専門学校に通う

放送作家になるためには企画力、表現力、プレゼンテーションの能力といった多くのスキルが必要となります。しかし、これらのスキルを独学で学ぶことは難しいでしょう。

放送作家の養成スクールや専門学校に行けば必要なスキルや知識を学べるため、スキルがなくて自信がない人でも放送作家を目指すことができます。

また、放送局や芸能プロダクションが主催している養成スクールもあるため、より現場に近い実践的な放送作家の仕事を学ぶことができるでしょう。

放送作家の事務所へ入社する

放送作家としての経験がない状態では仕事を獲得することは難しいです。しかし、放送作家の事務所へ入社すれば放送作家としての経験を積めます。

番組の制作側から放送作家事務所へ仕事の依頼が入った際には、未経験の新人でも少しずつ仕事に関わらせてもらえる可能性があるでしょう。

放送局への就職

テレビやラジオの放送局への就職も放送作家になるにあたって、よい経験となります。放送作家としての仕事はできなくても、企画から撮影、そして放送まで番組制作に関わる業務に携わることは放送作家になるうえで、重要な経験になるはずです。

放送局でのキャリアの中で放送作家と関わることもあるでしょう。師匠となる放送作家と出会える可能性があることも、放送局ならではのメリットです。

テレビやラジオ業界の中で人脈を広げていくことができれば、放送作家として独立した際の仕事獲得において有利になります。

放送作家に向いているのはどんな人?

どんな人が放送作家に向いているのでしょうか。放送作家に向いている人の特徴をご紹介します。

テレビなどのメディアが好きな人

放送作家に向いている人の特徴として、やはりテレビやラジオといった番組が大好きであることが挙げられます。放送作家は華やかなイメージがあるかもしれませんが、一握りの放送作家を除くと決して高い収入とはいえません。

また、勤務時間も一定ではないため、ワークライフバランスも取りづらい仕事です。つらい状況でも放送作家を続けていくためのモチベーションとして、テレビなどのメディアが大好きであることは不可欠でしょう。

企画するのが好きな人

バラエティ番組などの視聴率は、放送作家の企画力に左右されるといっても過言ではありません。番組によっては企画がずっと変わらないことで視聴者に飽きられてしまうため、常に新しい企画を生み出していくことも求められます。

一方で、視聴率を上げるために新しい企画だけを生み出せばいいというわけではありません。放送作家ではジャンルの異なる番組を複数持つこともあるため、番組に応じた企画を生み出していく力が必要となります。企画を考えることが好きな人や斬新なアイデアを生み出すのが得意な人は放送作家に向いているでしょう。

コミュニケーションに長けている人

番組制作には多くの人が関わるため、放送作家として企画を遂行していくうえでコミュニケーション能力は重要となります。

番組を構成していくなかで、自分のアイデアや企画がそのまま通るとは限りません。プロデューサーや出演者といった番組に関わる全ての人々とコミュニケーションを取りながら、企画を制作していくことでよい番組が生まれます。よい番組を制作していくために、放送作家にはコミュニケーション能力も求められます。

 

放送作家がそもそもどんな仕事であるのか、放送作家になるための方法、放送作家に向いている人の特徴について紹介しました。放送作家として活躍するためには多くのスキルや情熱が必要です。放送作家になりたい人は自分のスキルと向き合いながら、どのような方法で放送作家を目指すのか考えてみましょう。

お笑い養成所ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベコメディスクールNSC(吉本総合芸能学院)松竹芸能タレントスクール太田プロエンターテイメントカレッジスクールJCA(人力舎)
特徴全員ネタ、企画、ライブができて在学中からキャスティング多数!全国に劇場を保有し、お笑い芸人+αな可能性が広がる!個性に合ったコースを選べる!40年の歴史を誇るスクールストイックな1年間で可能性を広げていくお笑いの基礎固めからネタをつくる力を養える!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧