お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

大学は出ておこう!お笑い養成所と学業を両立する方法とは?

お笑い芸人を目指してお笑い養成所に入ろうと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、違う道を選ぼうとしたときにその道が閉ざされてしまうこともあります。そうならないように大学に進み、学業と両立していくことも大切です。両立するべき理由やそのために気を付けておくべきポイントなどについて紹介します。

専門的に学ぶことはお笑いにも役立つ

お笑いの道に進みたいからお笑い養成所に通い、必要な技術を身に付けたいと考えている方は多いでしょう。しかし、養成所で学べることには限りがあります。そこで学んだことだけで売れっ子に慣れるというものではありません。

その裏に自分自身で考えたことやさまざまな知識を持っていて、それをどうアレンジして伝えていくかということが大切になってくるのです。お笑いの技術などだけを身に付けようとしても、本当に笑えるネタにはつながりにくくなるでしょう。

自分自身の知識や経験といったものが反映されてくることになるのです。勉強ができないからお笑いに進む、という考え方ではうまくいくはずがありません。

まずは大学進学をし、専門性を高めていきながらお笑いについても同時に進めていくという形で考えていくことが必要でしょう。もしお笑いで成功したのであれば大学の勉強を途中で休止するということもできるでしょう。

しかし、後から始めるということは現在の教育制度ではなかなか難しいことともいえます。高校卒業後の進路を検討する場合には必要以上にお笑いだけに狭めるのではなく、大学進学と両立させていくということを考えてみましょう。自分の興味があることを深く学んでいくことで、お笑いにも生かせる知識が得られます。

最近はクイズ番組や教養番組などで活躍されているお笑い芸人の方も多いものです。そういった活躍の場が広がるということを考えつつ、進路決定をしていきましょう。

通信制なども視野に入れてみるとよい

お笑い養成所に通うとなると、そこにある程度の時間がとられることになります。また、養成所に通いながらお仕事をするという可能性も出てくるので、そういったときに大学との両立が時間的に難しくなっていくということも多いでしょう。そういったことを考えると、大学進学をあきらめることにつながってしまいがちです。

しかし、やはり大学で学んでいくこともあきらめたくないという場合、通信制の学校を選ぶという方法があります。通信制であれば時間のあるときに受講をしたり、課題やテストをこなしていくことで卒業につなげていくことができるので、両立できる可能性もアップするのです。

最近はオンライン授業なども技術の進歩で可能になっていますから、通学する場合とそれほど変わりない授業を受けることもできるようになっています。通信制とはいっても、学校に行かなくてはならない日数が多いところもあります。

お笑いのほうが忙しくなりそうと感じている場合には、できるだけ学校に行く日数が少なくて済むところを選ぶとよいかもしれません。もちろん学びたい分野などによっては希望する受講形態を選ぶことが難しいこともあるでしょうが、できるだけ無理なく学べるところを選ぶと続けやすく、両立させやすくなります。

移動時間なども上手に利用していこう

学業とお笑い養成所との両立というものは時間との戦いになります。もちろんそれに仕事などがかかわってくる方もいるでしょう。そうなるとどのように進めていくか、より効率的な方法を考えなくてはなりません。

そこで注目したいのが移動時間です。電車での移動の時間、また人と待ち合わせている時間など、ちょっとした時間が生まれることがあるでしょう。そのときに学業の方を進めていくなど、うまく時間を利用することができれば両立も可能になっていくのです。読むべき書籍を常にカバンに入れておく、資料をスマートフォンで見られるようにしておくなど、ちょっとした準備をしておくことで、空き時間を有効に利用できます。

 

お笑い芸人として活躍するためには、幅広い知識や経験を持っていることが重要になります。大学に進学して学んでいくということは、そういった知識や経験を身に付けるチャンスということも言えるのです。

また、もしも今後希望の進路を変えようとしたときに、年齢を重ねてから大学に進学するなど、そこから再スタートするということは難しくなってしまうこともあります。どのような形でも対応できるようにしておくために、ぜひ大学と養成所を両立していくことを考えていきましょう。

自分がこなせるかどうかを考えたり、時間を見つけて努力をするということも必要になりますが、やってみることに大きな意味があるはずです。もちろん困難なことは両立をしていくうえでたくさん生じていくことになります。ぜひ自分の将来のために、今できることを精いっぱい取り組んでいくということを考えていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧