お笑い芸人を目指す方必見!芸能事務所が運営するお笑いの養成所を価格や特徴別に比較して紹介します。

お笑い芸人を目指す!事務所に所属する方法とは?

お笑い芸人を目指すためには、どこかの事務所に所属する必要があります。事務所に所属して初めてお笑いの仕事が回ってくると言えるでしょう。ただ事務所に所属するといっても、どのように所属したらいいかわからない人が多いはずです。そこで、事務所に所属する方法がいくつかありますのでそれらの方法を見ていきましょう。

お笑い養成所からスタートすることもできる

お笑い芸人になるためには、まずお笑い養成所からスタートする方法があります。お笑い養成所とは、お笑い芸人を育成するための学校のようなところと考えておけばよいでしょう。まずここに入るためには、試験に通らなければいけません。

ただ、よほど難易度が高いところでない限りは定員に達していない限り大抵合格させてくれます。もちろん養成所の評判悪くするような問題児の場合には、試験で落とされる可能性がありますが、普通にしていればまず合格するといえます。

養成所に入ってからは、しばらく笑いの勉強をしていきます。どれぐらいの期間勉強するかは人によって異なりますが1週間に5回程度通える場合は半年から1年ぐらい勉強すれば充分と言えるでしょう。

これに対して、働きながら通っている場合には、1週間に5回も行けないかもしれません。もし1週間に2回から3回程度しか行けない場合には、通常の人よりも学ぶ回数や学ぶ機会が少ないため、1年以上は通うことになります。人によっては2年から3年通うことがあるでしょう。

お笑い養成所の中で試験があり、それに合格した場合には、いよいよオーディションを受けることになります。オーディションに合格することで、どこかの芸能事務所に所属することになるでしょう。

当然ながら、自分の好きなところを選んでオーディションを受けることも可能ですが、概ね養成所によってどこに所属するかが決まってくることも多いです。オーディション自体は、倍率の高いところもあれば低いところもあります。大阪などで有名な会社の場合には、かなり倍率が高く合格するだけでも至難の業といえます。

街中でスカウトされることもある

事務所に所属する方法のもう一つは、かなり低い確率になりますが街中でスカウトされる方法もあります。よく東京の原宿や渋谷などを歩いている女性が、スカウトされることがあるでしょう。芸能事務所の人が近づいてきて、名刺などを渡してスカウトをするわけです。これは、お笑い芸人などでも同様になります。

ただお笑い芸人の場合には、どこかのライブハウスなどで活動していた方が良いでしょう。最初は素人で構いませんので、まずライブ活動をおこない人の注目を集めるのが良いです。

もし、スカウトマンから声をかけられるためには、路上ライブなどをおこなうことでその可能性は一気に高まるでしょう。たまたまスカウトマンが見に来ているときに周りが爆笑するようなネタを仕込んでおき爆笑させた場合には声がかかる可能性も否定できません。

どの時間帯が1番良いかと言えば、可能な限り休日の昼間などが良いでしょう。休日の昼間で後は、多くの人が街中を歩いています。その人たちに向けてお笑いライブ等を開けば、スカウトマンの目に止まるかもしれません。

ただし、会場を借りる場合には事前に市町村に連絡をしておく必要があります。許可が下りなければ、逆にマイナスの評価を受けることになりますので、気をつけなければいけません。どのような人がスカウトされるか問題になりますが、とにかく面白いことが重要です。その人がしゃべるだけで多くの人が笑い出すようなキャラクターならば、間違いなくスカウトマンは目に留めるはずです。

最近はネットから芸能活動をスタートできる

インターネットの時代においては、インターネットを通じてさまざまなことができますが、動画の投稿などをしているうちに有名人になり、芸能事務所から声がかかることもあります。このような場合、有名人になれる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

ただそのためには、ある程度有名になっておく必要があります。何か個性的な魅力を持っていれば、スカウトされる可能性も否定できません。

 

お笑い芸人として事務所に入る場合には、1番多いのがお笑い養成所に通うことです。すべての人がオーディションに合格するわけではありませんが、オーディションに合格をした暁には、本格的に芸能活動ができる切符を手に入れるようなものです。それ以外では、街でスカウトされるようなこともあります。

さらには、インターネット上の動画で注目されているならば、そこから声がかかる可能性もあるでしょう。そのため、ネット上でも積極的に活動してみることが大事になります。インターネット上で活躍するためには、SNSなども交えておくと良いでしょう。そこでファンの人たちと交流することにより、より多くの人が閲覧してくれる可能性があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧